>

占いで大切なこと

姓名判断や姓名判断鑑定士等の資格を取得することで、様々な機会にアドバイスを求められることがあります。
占いの仕事でもこうして助言を求める人と多く接する機会に出会うものです。
そして占いを生業にするひと、またアドバイスを提供する人となるには、ここでも技術を必要としています。
例えばアドバイスを求める人に、占いの結果をどう伝えるべきか。正しく正確にそのまま伝えることが正しいように見えて、それが求められていないと感じることも多くあるのです。
占いは単に占うだけでなく、その占いの結果をどのように相手に伝えるかが大切です。
伝え方を間違えると、占いが正確であったとしても誤った伝わり方で評価に大きな差が生じることもあります。
むしろこの伝え方の方が重要になるでしょう。

伝え方は独学で学べないのか

占い同様に、占いの結果を相手に伝える技術も必要となるのが占いの仕事です。
では占い同様にその伝え方も独学で学ぶことが出来ないのでしょうか。
実は、この伝え方は例え高名な占い師に師事し、優秀な学校を卒業したとしても手にすることが出来ないもの、むしろここから先は独学で身につけていかなければならない技術といえるのです。
占いの結果をどう相手に伝えるのか、分かりやすくそれでいて正確に伝わる方法は、その人それぞれです。
難しい言葉の方が理解する人もいれば、噛み砕かなければ伝わらない人もいます。
どう伝えるのかは、自分次第です。
様々な経験を通して、その使い方を理解していくことで技術を上げることができるものなのです。
占いも経験を通じて技術が向上するように、伝え方も自ら経験することで成長させられるものといえます。


占いの重要性と仕事

この記事をシェアする