>

姓名鑑定士という仕事とは

姓名鑑定士とは、姓名鑑定士の試験に合格した人に与えられる称号です。
姓名鑑定士は、正式には姓名判断鑑定士と呼ばれ、姓名からそれぞれの格を判断して、その運勢について鑑定する能力を持つことはもちろん、姓名判断に関係する様々な知識を持ち、相談相手に対して適切なアドバイスをできる能力を持っていることが必要となります。
資格を取得するためには、姓名判断に関することはもちろん、基本となる画数の数え方、天格、人格、地格、外格、総格といった姓名判断に必要な知識、鑑定方法などについて身についていることが求められます。
この姓名鑑定士の資格取得には、必要なカリキュラムを経る必要があり、そのために個別の学習が必要となるなど、簡単に取得できる資格とはいえないものでもあるのです。

独学で出来るものなのか

姓名鑑定士の資格を取得するのには、様々なカリキュラムを経験する必要があります。
姓名判断は、簡単なものではありません。
アドバイスを受ける多くの人の人生を左右する可能性のある重要な仕事でもあるため簡単に取得できるものではないのです。
そんな姓名鑑定士の資格は独学でも取得できます。
通信教育などでも姓名鑑定士の資格取得のためのカリキュラムが設けられており、こうしたステップを経て姓名鑑定士の資格を取得したという人も多く存在しています。
姓名鑑定士の資格を取るには、それ以前に姓名判断に関する様々な知識を身につける必要があります。
最初から姓名鑑定士の勉強を始めるのではなく、まずは基本から身につけることが大切です。
そのうえであれば独学で望むことでも資格取得は可能となります。


姓名鑑定士の仕事とは

この記事をシェアする