>

占いを仕事にする

SNSや街の占い専門店などでアドバイスを求めに来る多くの人達に、様々な方法で助言を与える占い師。
この占い師という仕事はどのようにしてなることができるのでしょう。
まず占いの方法について学ぶ必要があります。
姓名判断だけでなくカードや水晶などアイテムを用いて行う占いなど、単に占いと一言でいっても様々なものがあり、どの手法を用いるかはその人次第です。
占いを学んだなら、実践です。
その占いが当たると評判を呼べば、とくにプロモーションをせずともアドバイスを求める人は増えてきます。
どの占い師も、最初はSNS等の身近な環境で経験を積むことから始まります。
実践を重ねることで占いだけでなく話術の技術力も向上し、その後オーディションを受ける等して大きな施設等で占いを行うことができるようになるのです。

占いは独学で学べるのか

占い師になるために霊感が必要になると言われることがあります。
じつはこれ、ほぼ迷信なのです。
占いには霊感は必要ありません。
というのも、基本的に占いは霊の力で行われているものではなく、その大半は古くから続く定められた法則に則って成立しているのです。
霊感が無いという方でも占い師になることは可能です。
そして霊感の有無だけでなく、占いのノウハウをしっかりと学ぶやる気さえあれば誰でもできるものなのです。
占い師になるためには学校に通う、また独学で学ぶ等様々な方法があります。
どの場合においても勤勉にそのノウハウを身につけることが大切で、学校に通う場合でも、誰かに師事する場合でも、また独学で学ぶ場合でも結果に大きな変化はありません。
占いはどの方法であっても、法則をしっかりと理解し、自分の技術に奢らず誠実に法則に則って行えるかどうかが大切なのです。


占い師という仕事はどんな仕事なのか

この記事をシェアする