子どもの自立心を養うインテリアや家具の配置実例

おすすめの配置を実践しよう

インテリアと配置を見直す

子どもが独り立ちできるように、部屋を可愛らしい環境に整えてください。 そこにいるだけで楽しい気分になれるなら、子どもは積極的に部屋で過ごすと思います。 最低でも小学生になる頃までには、子ども部屋の環境を整えましょう。 ベッドやカーテンを見直してください。

自主的に勉強する

環境を整えてあげれば、自分から部屋で勉強するようになります。 そのために学習道具をまとめて置いたり、本を読めるスペースを確保したりすることを忘れないでください。 読書も、立派な勉強になります。 子どもの頃にたくさんの本を読むことで、様々な知識を得られます。

明るい部屋を目指そう

子ども部屋にベッドを設置する時は、子どもが気に入りそうな可愛いらしいデザインのもの選んでください。
大人っぽいシンプルな家具ばかりでは、子どもにとっておもしろくない場所になってしまいます。
それでは積極的に子どもが自分の部屋に行きたがらないので、いつまで経っても1人で寝られないかもしれません。
子ども部屋が楽しい環境になるよう、カーテンの色も明るくするなど工夫しましょう。

自分の部屋で読書ができるように、スペースを作るのが良い方法です。
本を読むだけのスペースなので、そこまで広くなくても構いません。
半畳ほどで十分なので、イスや本棚を置いてください。
子供の年齢に合う本を選択することで、積極的に読むようになります。
漫画が好きな子どもには、漫画で学習できる本を渡しましょう。
次第に歴史や生き物など様々なことに興味を持ち、文章も読めるようになると思います。
それも、自立心を養うために必要なことです。

持ち物をしまえるように、棚を用意するのもおすすめです。
棚は、子どもの背の高さに合わせてください。
子どもよりも大きな棚だと、上まで手が届きません。
ものを収納するのが、大変になってしまいます。
また使ったものは、すぐしまうことを徹底させましょう。
片付けることを後回しにすると、子ども部屋が散らかります。
自分から片付けることを覚えることも、自立心を養うことに繋がります。
そのため子ども部屋を、子どもが片付けやすい環境にしましょう。

整理整頓を覚えさせる

自分で使ったものは自分で片付けるなど、当たり前のことを子どもに覚えさせてください。 そのために、子ども部屋を片付けやすい環境にすることをおすすめします。 大きな棚は、子どもの身長では届かないので使いこなせません。 棚を設置する時は、子どもの身長に合わせましょう。

TOPへ戻る